ビーグレン 毛穴ケア トライアルセットの特長と効果

ビーグレン 毛穴ケア トライアルセット

開き・つまり・黒ずみ・テカリも!毛穴トラブルの原因を根本から改善するライン

ビーグレン 毛穴ケア トライアルセット

ホットタオルで毛穴を開かせてから洗顔しているおかげか、毛穴の奥の汚れまで吸着してくれ、使えば使うほど黒ずみがなくなっているように感じます。さらに化粧水や美容液の浸透もよく、べたつきが心配だったジェルクリームも潤うのにベタベタ感はありません。また美容液を使うと毛穴がキュッと引き締まるような感覚がありました。

開き、つまり、黒ずみ、テカリなどあらゆる毛穴トラブルを改善する毛穴ケアライン。毛穴に詰まった汚れも吸着して落とすクレイウォッシュや浸透力を高めた化粧水、美容液、クリームが肌を潤すことで毛穴を引き締め目立ちにくくする特徴があります。さらに毛穴トラブルの原因となっている乾燥やバリア機能の低下など、肌環境の乱れを根本から改善してくれるのも魅力です。
1,944円・税込(クレイウォッシュ15g・QuSomeローション20mL・Cセラム5mL・QuSomeモイスチャーゲルクリーム7g)
公式HPへビーグレン 美白

編集部いちごの感想

ビーグレン 毛穴ケア トライアルセット

毛穴ケア トライアルセットはライン使いすることで、よりトラブルへの効果を実感しやすいかったように思います。

 

洗顔料は毛穴汚れや古い角質を吸着して落としてくれるのでざらつきがなくなり、3日目位から黒ずみが小さくなりました。

 

そのあとに使う化粧水はハンドプレスする間もなく浸透!開いていた毛穴がキュッと引き締まったように思えます。

 

そして美容液、クリームは保湿力が高くボコボコっとした毛穴の凹凸も滑らかになりました。

 

ビーグレンが発売している毛穴ケアトライアルセットではこのブランド独自のQuSome技術の特長を活かしつつ、肌全体の環境を改善していくのに役立つ効果を備えているのが大きな特徴です。

エイジングケアしながら毛穴のトータルケアができる化粧品

ビーグレン 毛穴ケア トライアルセット

毛穴ケアでは単に毛穴の汚れを除去するだけでは不十分、毛穴トラブルの原因となっている肌環境の問題を根本から改善していく工夫が必要です。

 

たとえば乾燥が進んでいると刺激に敏感になり、洗顔やクレンジングでダメージを受けやすくなることでケアをしづらくなってしまいます。

 

さらに紫外線のダメージが蓄積していくと老化が進んでハリの低下やたるみなどのトラブルの原因になってしまいます。

 

この肌のたるみが毛穴を開かせて目立たせてしまう要因でもあるのです。ビーグレンではこうしたエイジングケアも含めたトータルな毛穴ケアに役立つアイテムをトライアルセットに選んでいます。

 

まず老化の根本の原因ともいえる乾燥とバリア機能の低下には保湿クリームの「QuSomeモイスチャークリーム」が役立ちます。

 

このクリームは単に肌に水分や保湿成分を補うだけでなく、肌そのものが水分を抱え込んで保湿を維持できるよう環境を整えていく効果を備えているのが大きな特徴です。そのための有効成分としてアクアタイド、アリスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸を配合しています。

 

それから肌の老化とハリの低下対策には美容液の「Cセラム」が役立ちます。この美容液では「ピュアビタミンC」を有効成分として配合しているのが大きな特徴です。

洗顔料は毛穴の汚れを落としつつ必要な皮脂はそのまま!

ビーグレン 毛穴ケア トライアルセット

ビタミンCといえば抗酸化作用やコラーゲンの生成を促す作用など毛穴ケアのみならず広く美容に役立つ成分としておなじみですが、浸透性がよくない、外気や熱に晒されると変質してしまうといった安定性の問題を抱えています。

 

そこでビーグレンでは純度の高いビタミンCをQuSomeテクノロジーのカプセルに閉じ込めることで安定性と浸透性の実現を目指しました。極小のカプセルが肌に浸透しつつピュアビタミンを放出することでこの成分の効果を最大限に引き出すことができるのです。

 

さらに毛穴の汚れを落とすための洗顔料「クレイウォッシュ」には天然由来のクレイ(泥)成分「モンモリロナイト」が選ばれています。

 

この天然クレイは毛穴汚れの原因となる古い角質や余分な皮脂はしっかり除去しつつ、皮脂膜に必要な皮脂、保湿に欠かせないセラミドは残すことで肌の水分と油分のバランスを維持できるメリットを備えているので洗顔後に肌が乾燥してしまうといった問題も起こりません。

 

こうして見てもこのトライアルセットには毛穴の汚れを肌に負担をかけずに除去しつつ乾燥や老化の問題に根本からアプローチできる内容を備えていることがわかります。こうした総合的なアプローチがあってこそ毛穴ケアに効果を発揮してくれるのでしょう。
ビーグレンのトライアルセットの効果と口コミ>>

毛穴ケア化粧品の失敗しない選び方

毛穴ケア化粧品選びは毛穴の悩みに合わせて全体のケア環境を整えていくことが大事です。たるみ毛穴と詰まり毛穴、毛穴の黒ずみでは対策方法にも違いが出てくるため、それぞれの原因や肌の問題にアプローチできる化粧品が求められるのです。

毛穴ケアは洗顔料選びがポイント

毛穴ケア化粧品の選び方

ただそれぞれの悩みだけをケアできる化粧品を選ぶだけでは不十分、毛穴の状態そのものを改善していけるようなケア環境を整えていくことが大前提です。

 

毛穴のトラブルを抱えにくい肌へと整えつつ、現在抱えているトラブルに効果が期待できるケアを取り入れていく。このバランスが取れた化粧品を選べるかどうかが鍵といってもよいでしょう。

 

そのためにはまず毛穴の汚れ、詰まりをしっかり除去できる洗顔料を選べるかどうか。しかも過剰な洗浄力で肌に負担をかけてしまうようなものは不適当です。

 

適度な洗浄力で汚れを落としつつ保湿やバリア機能の維持に必要な皮脂やセラミド、水分を残すことができるかどうか。この点ではクレイ(泥)や炭など粒子が細かく吸着力に優れた天然由来の洗浄成分が使用された洗顔料がオススメです。

 

フォームタイプの洗顔利用よりも石鹸タイプの方がこの点に優れたものが多いので意識して選んでみるとよいでしょう。

コラーゲンを増やす効果が得られるかどうかも毛穴ケア化粧品選びのポイント

毛穴ケア化粧品の選び方

それから保湿もしっかり行うことができるか。毛穴のたるみや黒ずみは乾燥とバリア機能の低下が深く関わっています。

 

バリア機能が低下していると紫外線のダメージを受けやすくなって黒ずみが生じやすく、また活性酸素の増加で老化が進行してしまいます。

 

しかも乾燥で肌が硬くなっていると有効成分が角質層に浸透しにくい状態になってしまうため、せっかくの毛穴ケアも十分な効果が得られなくなってしまう恐れがあります。

 

毛穴ケアの場合、収れん効果に優れた化粧水がよく使用されますが、毛穴を引き締めるだけでなく保湿をしっかり行えるかどうかも意識して化粧品を選んでいきましょう。エタノールのように収れん効果に優れている一方で水分を奪ってしまうような成分は避けた方が無難です。

 

コラーゲンを増やす効果が得られるかどうかも毛穴ケア化粧品選びのポイントです。コラーゲンを増やすことで肌のハリを改善し、ターンオーバーを促すことで毛穴の黒ずみや炎症対策にも役立ちます。ビタミンCやレチノールといった成分が配合された美容液を選んでみましょう。

 

ビーグレンではこうした条件を備えた化粧品をセットにした毛穴ケアトライアルセットを取り揃えています。浸透性に優れたピュアビタミンCなどの成分を効率よく補うことができるのでまずこのトライアルセットで試してみてはいかがでしょうか

毛穴ケア化粧品の上手な使い方

毛穴ケア化粧品はひとりひとりが抱えている毛穴トラブルによって使い方に工夫が求められます。これは化粧品選びでも重要な部分ですが、あくまで自分がどんな毛穴の悩みを抱えているのかを踏まえた上で適切な使い方を心がけていきましょう。

毛穴化粧品を使う前に毛穴を開かせておくとさらに効果的

毛穴ケア化粧品の使い方

まず毛穴の黒ずみや詰まりが気になる方は毛穴をきれいな状態にすることが大前提、そのためにも洗顔料はもちろん、毛穴パックなどもうまく活用して毛穴の奥に詰まった汚れをきれいにしていきたいところです。

 

また、毛穴が詰まっているとどうしても化粧水や美容液が浸透しにくくなってしまいます。そこで化粧品を使う前に毛穴を開かせる準備をしておくのがオススメです。

 

この毛穴を開かせる方法にはいろいろな選択肢があり、とくに有名なのが蒸しタオルを押し当てる方法です。肌を適度な温度で温めることで毛穴を開かせることができるのです。

 

またお湯を洗面器に張ってその水面から上る蒸気を顔に当てる方法も手軽でオススメです。こうした蒸気を肌に当てるスチーム式の美顔器も発売されているので毛穴ケアの効果が思うように上がらない人は試してみるとよいかも知れません。

 

もちろん、肌を温める際にあまり熱過ぎる状態にしてしまうと肌に負担をかけてしまうので避けましょう。

 

毛穴の詰まりがなかなか思うように改善されない場合には酵素洗顔やピーリング化粧品を取り入れてみるのもひとつの選択肢です。

たるみ毛穴にはマッサージで肌の活性化を促すと効果アップ

毛穴ケア化粧品の使い方

これは毎日のケアに使うものではなく、週に1回程度のスペシャルケアとして取り入れるもので、古くなった角質を除去することで詰まりを解消しやすくなります。

 

毛穴の赤みやふくらみなど炎症が原因で生じたトラブルに関してはできるだけ刺激を与えないよう化粧品を使っていく配慮を心がけましょう。

 

グリチルリチン酸ジカリウムのような抗炎症作用を持つ成分だけでなく、コラーゲンの生成を促す美容液もうまく取り入れながら肌の再生を促すケアを取り入れていくのもポイントです。

 

たるみ毛穴の場合はエイジングケアの範囲になるため、マッサージなども取り入れて肌を活性化させていく工夫も取り入れてみると効果アップが期待できます。

 

年齢を重ねると皮膚細胞の活動が停滞することで肌がたるみやすくなるほか、血行不良も関わってきます。マッサージをとりいれることで適度な刺激をもたらし、肌を活性化することでケアの効果を高める効果が期待できます。

 

もちろん摩擦の刺激を与えてしまうような強いマッサージではなく優しく行うのが大前提です。

 

このように毛穴の悩みによって化粧品の使い方にも違いが出てきます。肌の状態をよく見極めつつ適切な判断のもとで上手な使い方を心がけていきましょう。
ビーグレンのトライアルセットの効果と口コミ>>