ビーグレン 目元ケア トライアルセットの特長と効果

ビーグレン 目元ケア トライアルセット

あらゆる目元トラブルに!総合的なエイジングケアと目元ケアを同時に叶えるライン

ビーグレン 目元ケア トライアルセット

エイジングケアをしつつ目元美容液で集中ケアできる化粧品でした。メインである目元美容液は、濃厚過ぎずなめらかなテクスチャーなのでマッサージしやすかったです。この美容液を使ってから目のむくみを感じることはなかったし、心なしかハリがでてきてアイラインが書きやすくなりました。敏感肌ですが、刺激がなかったのも嬉しい!

乾燥、しわ、くま、くすみ、たるみなどあらゆる目元トラブルを改善する目元ケアライン。みずみずしく軽やかなテクスチャーの目元美容液は塗付しながらマッサージもしやすく、目元の薄く敏感な肌への負担を軽減させながら美容効果を持続させてくれるので、弾力やハリの効果も実感しやすいのが特徴です。目元の集中ケアをしながら顔全体のエイジングケアもしっかり行えるのもトライアルセットならでは!
1,944円・税別
(クレイウォッシュ15g・QuSomeローション20mL・Cセラム5mL・トータルリペア アイセラム5g・QuSomeモイスチャーリッチクリーム7g)
公式HPへビーグレン 目元ケア

編集部いちごの感想

ビーグレン 目元ケア トライアルセット

1週間のトライアルでしたが、使い終わったころには気になっていた目尻のしわがちょっとマシになったような気がします。

 

中でも目元専用の美容液はみずみずしいクリームで、目の周りもこすらず伸ばすことができました。軽くマッサージもプラスすることで血行が良くなったのか、温かさを感じ美容液の浸透も早かったです。

 

そして化粧水からクリームまでしっかり保湿できたことによりハリを感じ、さらに「目元が明るくなっている」と言われるまでになりました。

 

自分で実感できたのはもちろんですが、周りから変わったと言ってもらえるくらいの効果を感じられたのは嬉しいですね。

 

ビーグレンでは目元ケアを取り入れたトライアルセットを用意しています。目元ケアの難しいところは目元ばかりに目を向けるのではなく、肌全体のケアも意識したうえでトータルなケア環境を整えていく点です。

皮膚が薄い目元にも負担をかけない化粧品

ビーグレン 目元ケア トライアルセット

そのためこのトライアルセットではメモと専用のアイテムだけでなく、顔全体のケアに使用するアイテムも合わせることで総合的なスキンケアを行える形となっています。

 

このビーグレンのトライアルセットの特長は洗顔とクリームにも充実している点にあります。

 

目元の悩みを抱えている方は洗顔の段階でダメージを与えてしまっていることが多く、それではいくら目元美容液、アイクリームでケアしても効果に限界が出てしまいます。

 

そこてこのトライアルセットではモンモリロナイトという天然クレイ(泥)を洗浄成分として配合した「クレイウォッシュ」を洗顔料として採用しています。

 

粒子が細かく吸着力に優れているので強く擦る必要もなく汚れを吸着させて落としていくことができます。そのうえ必要な皮脂や水分を過剰に落としてしまうこともないので目元の皮膚を洗う際にもダメージを与えることなく汚れを落としていくことができます。

 

この段階で肌への負担を軽減するだけでも目元の環境はかなり改善していくことができます。

 

そしてクリームには目元の皮膚が陥りやすいバリア機能の低下や肌が硬くなってしまう、ターンオーバーが低下してしまうといった問題を改善するのに役立つ成分が贅沢に配合されています。

肌環境を整えつつ目元の集中ケアができるライン

ビーグレン 目元ケア トライアルセット

植物の生命で肌の力を引き出すハイビスカス花エキス、肌に弾力を与えるポリアミン、ハリをもたらすアップレビティなど。これらの成分をQuSomeテクノロジーでしっかり浸透させながら油分も補って表皮の乾燥も改善していくことができるのです。

 

目元ケア用には目元専用美容液として「トータルリペアアイセラム」を採用、こちらも肌にハリをもたらすクロノライン、表皮に保護膜を作るスキンミミックス、肌にハリをもたらすアイリジェナーといった目元ケアに向いた成分が配合されています。

 

クリームとセットにして補うことで相乗効果も期待できるでしょう

 

さらに化粧水のQuSomeローション、美容液のCセラムもセットに。美容液は目元の状態に合わせてトータルリペアアイセラムとの併用も検討してみる使い方もあります。

 

目元専用のアイテムばかりを充実させても基本のケアに問題を抱えているのでは効果も十分に得られません。

 

あくまで全体のケアの一環として目元ケアを充実させていく必要があるわけですが、その意味でもライン使いで目元ケアを取り入れていくことができるビーグレンのトライアルセットは魅力的な選択肢といえるのではないでしょうか。
ビーグレンのトライアルセットの効果と口コミ>>

アイクリーム・目元美容液の失敗しない選び方

アイクリーム・目元美容液はなかなかよいものを選ぶのが難しい面もあります。わざわざ目元専用のアイテムを購入して使う以上、乾燥やシワ、たるみといった悩みを抱えていることが多いため、それぞれのトラブルにあった製品を選ぶ必要があるため、あくまで自分の目元の状態を踏まえながら選んでいかなければならないからです。

自分の目元トラブルにあった成分が配合されている化粧品を選ぶこと

アイクリーム・目元美容液の選び方

また目元は皮膚が薄くダメージを受けやすい特徴があり、効果だけでなく低刺激も意識して選んでいかなければなりません。

 

この点も人によって個人差があり、世間では評価の高いアイクリーム、目元美容液でも刺激が強くて向かないといったケースも良く見られます。加えて他の化粧品との相性も考えなければなりません。

 

いくらアイクリームや目元美容液が低刺激でも化粧水や乳液、クリームが目元の肌に負担を与えてしまうのではせっかくのメリットが損なわれてしまうからです。

 

アイクリーム・目元美容液を選んでいく際にはこうした基本的な部分を踏まえたうえで製品をチェックしていく必要があります。まずどんな効果をもっともセールスポイントにしているのか?まずシミ・くすみ対策なら美白成分が配合されている製品が一番適しています

 

ただこの美白成分はとくに効果と刺激のバランスが重要で、効果が高いほど肌への負担も大きくなる傾向が見られます。自分の目元の状態に使って問題がないかどうかをよく確認した上で選んでいくようにしましょう。

目元化粧品選びでは浸透性も重要

アイクリーム・目元美容液の選び方

目元のシワでは保湿対策も欠かせません。とくに細かいちりめんジワの場合は乾燥が原因で皮膚が硬くなってしまったのが大きな原因ですからいかにうまく保湿成分を補っていくことかできるかがポイントになってきます。

 

この点で注意したいのが化粧品の浸透性です。もともと皮膚が薄い目元が乾燥して硬くなっていると化粧品で補った有効成分がなかなか浸透しません。角質層のすみずみにまで浸透したうえで効果が持続するかどうか。配合成分だけでなく処方にも目を配って選んでみましょう。

 

あとは紫外線対策も視野に入れておきたいところ。目元は紫外線を浴びやすいところですし、刺激を受けやすいので日焼け止めだけに頼ったケアでは不安が残ります。UVカット効果を備えたアイクリームなどを有効に活用して日焼け止めによる肌への負担の軽減も意識してみましょう。

 

ビーグレンでは目元ケア用にアイテムをセットにしたトライアルセットを用意しています。このメーカーでは極小のカプセルに有効成分を閉じ込める独自のQuSomeテクノロジーを採用しています。

 

そのため目元にもしっかり有効成分が届きやすく、しかもカプセルから有効成分がじっくりと放出されるので持続性にも優れています。なかなか自分に合う目元ケア化粧品が見つからずに悩んでいる方はこのトライアルセットでビーグレンのメリットを試してみてはいかがでしょうか。

アイクリーム・目元美容液の上手な使い方

アイクリームと目元美容液は通常のスキンケアにプラスアルファする形で使用するアイテムです。そのため上手な使い方を心がけて有効に活用していかないと効果どころかかえって肌に負担をかける逆効果をもたらしてしまうことになりかねないので注意が必要です。

アイクリームは乳液後、目元美容液は化粧水後に使うのが原則

アイクリーム・目元美容液の使い方

この点ではまず使う順番を心がけておくことが重要です。アイクリームと目元美容液では使い順番が異なるのでまずこの基本を知っておきましょう。

 

アイクリームはその名前の通り目元に使用するクリーム、油分が多めなのが特徴なので乳液の後に使うのが原則です。それに対して目元美容液は目元に使用する美容液なので化粧水の後に使います

 

この場合、化粧水の後に目元美容液を使い、次に顔全体用の美容液を使うようにしましょう。逆にしてしまうと顔に美容液を塗付している間に目元が外気に触れたどんどん乾燥してしまいます。

 

美容液の場合は化粧水の次に使うこともあってできるだけ肌に刺激を与えないよう注意することが非常に重要です。そのためには美容液が馴染みやすい形で使っていくことができるかどうかがポイント

 

コツとしてはまず目元美容液を手のひらか手の甲にとって温めましょう。肌と同じ温度にまで温まることでよりなじみやすくなります。この点はクリームでも同様で、クリームの場合は柔らかくなることで塗付しやすくなる点も重要なポイントです。

目元ケアではじっくりと馴染ませる感覚で塗付するのがポイント

アイクリーム・目元美容液の使い方

そのうえであくまで優しく塗付していきましょう。その際には人差し指よりも薬指を使うのがオススメです。人差し指だとどうしても力が入ってしまうため敏感な目元にはあまり向いていません。

 

かといって中指だときれいに塗っていくのが難しい、薬指なら適度な力加減で丁寧に塗付していくことができます。

 

そして塗布する際には指の先ではなく腹を使うこと。できるだけ指が触れる面積を大きい状態にして擦るのではなく密着させ押さえる感覚で塗付していきましょう。

 

もちろんこの場合にも力をこめすぎず、じっくりと馴染ませる感覚で抑えるのがポイントです。

 

ひととおり塗付し終わった全体の状態をチェックして気になる部分がないか確認しましょう。

 

まだ乾燥しそうだな、と思った部分には重ねづけしていくほか、目じりなど塗りづらい部分をしっかりカバーできているかどうかもしっかり確認し、必要に応じて追加していきましょう。

 

敏感な目元に刺激を与えないよう注意しつつ、いかに気になる部分をカバーしていけるかどうかがアイクリーム・目元美容液を使っていく上での基本ポイントです。
ビーグレンのトライアルセットの効果と口コミ>>